革ズボンの破れ補修をご依頼いただきました

分類が少ないため、ジャケットに入れさせていただきます。
屋内用に作られた、非常に珍しい革ズボンです。
全体写真では傷んでいる部分はわかりません。

お尻側にあるポケットの端を、何かに引っ掛けられたとのことで破れています。
裏側は接着できますが、表面の処理をしないとすぐ剥がれてしまう可能性が高い部分です。

まずは裏側に破れの部分よりも大きな生地を入れて接着剤で貼り付けることにしました。

しかし、接着だけでは引っ張りなどの力に耐えられません。
各種方法を検討した結果、強度を持たせるために、裏に接着した生地と表面を糸を使って縫製することにしました。
本来この方法は、糸が見えてしまうためやりたくなかったのですが、強度を増すためにはこの方法が一番と判断しました。
糸はなるべく目立たないように、手縫いで行いました。

もう一つの傷みは、ズボンサイドの革ラインです。
擦れのために表面が毛羽立っています。

こちらは弊社の得意な塗装仕上げです。
色合わせも上手く仕上がり、お客様にもご満足いただけました。