BOJOLAのバッグをご依頼いただきました

全体的に「色褪せ」「シミ」「擦れ」によって経年劣化が目立ちます。

取っ手部分は、一番「擦れ」る部分のため色落ちも目立ちます。

「シミ」も目立ちます。

底面や側面も「色褪せ」「シミ」「汚れ」が激しく、劣化が顕著に出ています。

取っ手は2色の色が使われています。濃いブラウンについてはエッジ塗料によって処理しています。
革の伸びによって割れが発生していた部分も塗料によって改善しているのがご覧いただけます。

取っ手にあった「シミ」も奇麗になっています。
今回、縫い目については塗装する方法でご了解いただいており、縫い目は本体色を塗っています。

底面や側面も大幅に改善しているのがお判りいただけると思います。
「色褪せ」「シミ」「汚れ」も見事に回復しました。

全体写真でも十分な回復具合がご覧いただけます。
こちらの鞄は柔軟性のある革が使われており、その柔軟性を残して塗装を行っています。
塗装後に塗料が割れてくるというようなことはありません。
お客様にも大変喜んでいただきました。