革が裂けた革ジャンをお預かりしました

革ジャンの袖の一部が裂けてしまっています。
比較的力の掛からない部分のため、補修をお受けしました。
力の掛かる場所は、本来であれば張り替えをお奨めします。
ただ、張り替えの場合は縫製をほどく必要があるため、やはり高くなります。
今回は、お客様と施工方法をお話させていただき、縫製しない方法での補修になりました。

裂けた部分はかなり開いていましたので、裏に当て布をして接着剤で処理します。
その後、裂けたラインに沿ってパテと塗料でラインをなるべく目立たなくします。

施工後のピックアップ写真は上記の通りです。
ラインは、パテで処理すると見えなくなると勘違いされる方がありますが、周辺の革と光の反射率が異なってしまうため、かえって凹凸が無くなるとラインが目立ってしまいます。
今回は凹凸をなるべく周辺に合わせるように処理しています。

全体で見ると上記のようになります。
ちょうど画像の中心辺りが施工部分です。
表面塗装は施工した中心部分から、かなり広くグラデーションになるような塗装をしています。
表面の塗装は柔軟性があり、強い塗料を使っていますが、裂けた部分に力が掛かって開く方向になると施工した部分から裂けやすいのは否めません。
裏に張った生地の影響で、周辺よりも硬くなる点がもうひとつのデメリットです。
お客様には
「ほとんどわからない。」
と喜んでいただけました。
お客様に施工方法をご説明しながら、ご納得いただける施工法を選択いただけるのも自社施工ならではです。