GUCCIのバッグをお預かりしました

「目立たないキズだが、その部分だけを補修して欲しい。」
ということでお預かりしました。
どこにキズがあるかおわかりになりますか?

施工前のキズの部分をピックアップして撮影しました。

施工した部分をピックアップ撮影しても全くキズは見えません。

お客様にお渡しした時、キズの部分を何度も見て、太陽光の下で確認されました。
キズが全く分からなくなっていることに驚きを隠せないようでした。
「うまいねー。」
と一言おっしゃいました。
色や光沢も全く違和感無く仕上がっていることをお褒めいただきました。

革ズボンの破れ補修をご依頼いただきました

分類が少ないため、ジャケットに入れさせていただきます。
屋内用に作られた、非常に珍しい革ズボンです。
全体写真では傷んでいる部分はわかりません。

お尻側にあるポケットの端を、何かに引っ掛けられたとのことで破れています。
裏側は接着できますが、表面の処理をしないとすぐ剥がれてしまう可能性が高い部分です。

まずは裏側に破れの部分よりも大きな生地を入れて接着剤で貼り付けることにしました。

しかし、接着だけでは引っ張りなどの力に耐えられません。
各種方法を検討した結果、強度を持たせるために、裏に接着した生地と表面を糸を使って縫製することにしました。
本来この方法は、糸が見えてしまうためやりたくなかったのですが、強度を増すためにはこの方法が一番と判断しました。
糸はなるべく目立たないように、手縫いで行いました。

もう一つの傷みは、ズボンサイドの革ラインです。
擦れのために表面が毛羽立っています。

こちらは弊社の得意な塗装仕上げです。
色合わせも上手く仕上がり、お客様にもご満足いただけました。

BOJOLAのショルダーバッグをご依頼いただきました

全体に「擦れ」と「紫外線の影響」で色ムラが発生しています。
革の傷みはほとんどなく、革の良さがあるバッグです。糸のホツレも見られません。
ベルト部分を含めて全体塗装でお受けしました。

底面は「擦れ」で元の革が出てしまっています。

底面は全く問題無く仕上がっています。

全体に色が蘇りました。
色は「少し黄色を強く」というご指定でしたので、お好みの色になっているかどうかがお渡しするまでは不安でしたが、お客様には色あいについても喜んでいただけました。

背中をいたずらされた革ジャンをお預かりしました

表は全く問題のない革ジャンですが、背中をイタズラされたということでお預かりしました。
背中を白い物で筋を書かれ、アルコールで取ろうとしたが取れなかったとの事。

イタズラされた部分をピックアップ撮影したのが上記の写真です。
3本の筋が見られます。

施工後のピックアップ写真は上記の通りです。
筋は全く見えなくなっています。
こちらは背中の部分だけを施工しています。施工部分を中心にグラデーションを描いています。
それにより、施工していない部分との違和感を無くしています。

お客様に施工部分をチェックいただき、ご満足いただけました。
革クリームをお使いとのことでしたので、施工部分にもクリームを塗っていただければ周囲とより馴染むことをお話ししました。

革が裂けた革ジャンをお預かりしました

革ジャンの袖の一部が裂けてしまっています。
比較的力の掛からない部分のため、補修をお受けしました。
力の掛かる場所は、本来であれば張り替えをお奨めします。
ただ、張り替えの場合は縫製をほどく必要があるため、やはり高くなります。
今回は、お客様と施工方法をお話させていただき、縫製しない方法での補修になりました。

裂けた部分はかなり開いていましたので、裏に当て布をして接着剤で処理します。
その後、裂けたラインに沿ってパテと塗料でラインをなるべく目立たなくします。

施工後のピックアップ写真は上記の通りです。
ラインは、パテで処理すると見えなくなると勘違いされる方がありますが、周辺の革と光の反射率が異なってしまうため、かえって凹凸が無くなるとラインが目立ってしまいます。
今回は凹凸をなるべく周辺に合わせるように処理しています。

全体で見ると上記のようになります。
ちょうど画像の中心辺りが施工部分です。
表面塗装は施工した中心部分から、かなり広くグラデーションになるような塗装をしています。
表面の塗装は柔軟性があり、強い塗料を使っていますが、裂けた部分に力が掛かって開く方向になると施工した部分から裂けやすいのは否めません。
裏に張った生地の影響で、周辺よりも硬くなる点がもうひとつのデメリットです。
お客様には
「ほとんどわからない。」
と喜んでいただけました。
お客様に施工方法をご説明しながら、ご納得いただける施工法を選択いただけるのも自社施工ならではです。

PRADAの財布の施工依頼をいただきました

かなり傷んだプラダの財布をお預かりしました。
事前にいただいたお電話では、退色のみということでしたが四隅に穴が開き、縫製の糸が無くなっているところも5ヶ所ありました。

穴が開いているところは当然塗料を乗せられません。
その周辺も革の傷みが激しく、どこまで修復できるか腕の見せ所です。

穴は別革を加工して接着剤で貼り付けます。
しかし、貼るだけではすぐに取れてしまう可能性があるため、糸を通せるところまで別革を加工してあります。穴の開いているところと、糸が無くなっている部分が同一箇所だったので、補強も含めて糸を二重にすることにしました。
穴はうまく塞ぐことができました。塗装前の状態をご欄ください。

塗装することで、穴が開いていたことがわからない状態に補修できました。
四隅の穴は同様の施工を行いました。

施工が全て完了し、お客様にお渡ししたところ、穴がキレイに塞がれていることに驚いておられました。
塗装すると、若干硬くなる点はお話していましたが、従来から使われている革クリームを塗ったところ従来の輝きを取り戻した。ということをご連絡いただきました。
革の色は内側のカードを入れるところに合わせたため、若干光沢を抑え気味に塗装しました。革クリームを塗ることで光沢が出るため、お客様が使われていた元の状態に近くなったようです。
かなり傷んでいましたので、お客様には大変お喜びいただきました。

CIVIDINIのバッグをお預かりしました

全体写真では判りにくいのですが、何かの液体(?)によって色ムラ(シミ)が発生しています。

色ムラが発生している部分をピックアップしてみました。
黒い大きな点のようなシミが多数見られます。

鞄の下部にもシミが多く見られました。

塗装後は全くシミが見えなくなりました。

鞄の下部部分もキレイに施工できました。

全体写真でもスッキリしたのがおわかりいただけます。
色は黒の単色ではなく、かなり深い緑でした。色の調合も良くお客様にも喜んでいただきました。

BOJOLAのバッグをご依頼いただきました

全体的に「色褪せ」「シミ」「擦れ」によって経年劣化が目立ちます。

取っ手部分は、一番「擦れ」る部分のため色落ちも目立ちます。

「シミ」も目立ちます。

底面や側面も「色褪せ」「シミ」「汚れ」が激しく、劣化が顕著に出ています。

取っ手は2色の色が使われています。濃いブラウンについてはエッジ塗料によって処理しています。
革の伸びによって割れが発生していた部分も塗料によって改善しているのがご覧いただけます。

取っ手にあった「シミ」も奇麗になっています。
今回、縫い目については塗装する方法でご了解いただいており、縫い目は本体色を塗っています。

底面や側面も大幅に改善しているのがお判りいただけると思います。
「色褪せ」「シミ」「汚れ」も見事に回復しました。

全体写真でも十分な回復具合がご覧いただけます。
こちらの鞄は柔軟性のある革が使われており、その柔軟性を残して塗装を行っています。
塗装後に塗料が割れてくるというようなことはありません。
お客様にも大変喜んでいただきました。

革ジャンの擦れ補修のご依頼をいただきました

パッと見ではそれほど擦れは感じられませんが。細かく見ると擦れが全体にあります。

背面から見ると、肩部分は擦れの状態が十分にわかります。

袖も擦れがあります。

施工後は肩部分も奇麗に補修できました。
擦れた部分だけでなく、全体に塗装していますので均一になっています。

袖も擦れの補修が出来上がりました。

全体撮影ではあまり判りませんが、全体の擦れが補修されスッキリと仕上がりました。
お客様にもお喜びいただきました。

PRADA(プラダ)の財布をご依頼いただきました。

全体写真でも擦れによってかなり傷んでいるのがわかります。

背面も擦れが激しく、傷んでいます。

財布の装飾の部分は、出っ張りがありますので特に傷みが目立ちます。

施工後は本来の色が蘇り、傷みがわからない状態です。

背面も塗装することで擦れが無くなり、均一になっているのがわかります。

全体写真でも十分に改善しているのがご覧いただけます。
お客様には
「こんなに奇麗になるんですね。」
と予想以上の仕上がりにご満足いただけたようでした。