BOJOLAのバッグをご依頼いただきました

全体的に「色褪せ」「シミ」「擦れ」によって経年劣化が目立ちます。

取っ手部分は、一番「擦れ」る部分のため色落ちも目立ちます。

「シミ」も目立ちます。

底面や側面も「色褪せ」「シミ」「汚れ」が激しく、劣化が顕著に出ています。

取っ手は2色の色が使われています。濃いブラウンについてはエッジ塗料によって処理しています。
革の伸びによって割れが発生していた部分も塗料によって改善しているのがご覧いただけます。

取っ手にあった「シミ」も奇麗になっています。
今回、縫い目については塗装する方法でご了解いただいており、縫い目は本体色を塗っています。

底面や側面も大幅に改善しているのがお判りいただけると思います。
「色褪せ」「シミ」「汚れ」も見事に回復しました。

全体写真でも十分な回復具合がご覧いただけます。
こちらの鞄は柔軟性のある革が使われており、その柔軟性を残して塗装を行っています。
塗装後に塗料が割れてくるというようなことはありません。
お客様にも大変喜んでいただきました。

革ジャンの擦れ補修のご依頼をいただきました

パッと見ではそれほど擦れは感じられませんが。細かく見ると擦れが全体にあります。

背面から見ると、肩部分は擦れの状態が十分にわかります。

袖も擦れがあります。

施工後は肩部分も奇麗に補修できました。
擦れた部分だけでなく、全体に塗装していますので均一になっています。

袖も擦れの補修が出来上がりました。

全体撮影ではあまり判りませんが、全体の擦れが補修されスッキリと仕上がりました。
お客様にもお喜びいただきました。

PRADA(プラダ)の財布をご依頼いただきました。

全体写真でも擦れによってかなり傷んでいるのがわかります。

背面も擦れが激しく、傷んでいます。

財布の装飾の部分は、出っ張りがありますので特に傷みが目立ちます。

施工後は本来の色が蘇り、傷みがわからない状態です。

背面も塗装することで擦れが無くなり、均一になっているのがわかります。

全体写真でも十分に改善しているのがご覧いただけます。
お客様には
「こんなに奇麗になるんですね。」
と予想以上の仕上がりにご満足いただけたようでした。

CARTIER(カルティエ)の鞄補修をご依頼いただきました。

全体写真ではわかりにくいのですが……。

鞄の上部はかなり擦れがあります。

本体も擦れがかなり確認できます。

上部の擦れを補修しました。

擦れだけを補修するのではなく、全体を補修していますので、ベルト部分の擦れも無くなります。

お客様に施工後の鞄をご覧いただき
「新品のようになるんですね。」
とお褒めいただきました。
今回は「縫い目」を残す補修だったので、見た目は新品に近くなります。
塗装色は原色を調合して作成し、光沢も最初の状態を推測して合わせる手法です。

BMWの天井張り替えを依頼いただきました

写真ではわかりにくいのですが、天井の布が落ちてきています。

貼ってある布(ルーフライニング)を全て剥がします。
傷んだスポンジや接着剤が全面に残っていますので、そちらの処理も必要です。

張り直しが完了しました。
この後、実車に天井を取りつけて完了しました。

かなり傷んだ革ジャンの施工を依頼されました

全体に「ホツレ」「擦れ」などの傷みが非常に多く「縫い」も必要でした。
すべての「ホツレ」を補修するには糸をほどくしかありませんが、ほどかないレベルで出来る限り補修して欲しいとのご要望でした。

ポケット周辺もかなり「擦れ」がありました。

エポレット部分はお客様のご要望で、少しクリーム色にして高光沢にして欲しいとのことでした。
本体部分と色が異なるため、塗装後にマスキングするなどの追加工が必要になります。

さらに襟部分もエポレットと同じ加工を希望されました。
襟部分は革クリームの成分が多く残っていたようで、下地処理にかなりの時間を要しました。
塗っても、塗料がのらずに再度下地処理を行うという事を繰り返し行って完了しました。

本体はブラック塗料で「擦れ」「傷み」も見えなくなりました。

全体は、お預かりした時とは見違えるような状態を取り戻しました。
ボタンやベルトの金属部は、塗料を剥がし、キチット金属部が露出するようにしています。
お引き渡しの時に、お客様からこの革ジャンへの思いを教えていただきました。
30年程前に10年程度の古着として購入したビンテージ物とのこと。
今回の施工について、
「塗装しても手触りも良く、新品ではない古着の良さも残って、補修されている。」
と、大変喜んでいただきました。

お気に入りの財布を使い続けたいとのご依頼でした

柔らかい革を使った小銭入れです。
もともとの色はファスナーに近い色だったようで、希望色もオレンジでご指定いただきました。

柔軟性を保ちながら、色もご希望通りに回復。
「元通りの色ですね。」
と大変喜んでいただきました。
写真では判りにくいのですが、角は擦れで革がほとんど無くなった部分があり、エッジ加工用の塗料で補修しています。

ブランド財布のカラーチェンジを依頼いただきました

VUITTONの長財布です。
元々は鮮やかな色だったということですが、色褪せが激しいため、好みの色にカラーチェンジです。

元々凹凸のある財布のため、お客様のイメージ通りだったようで喜んでいただけました。
表面にはクリア塗装も施して、光沢もご要望通りのマット調になっています。

擦れで傷んだソファをお預かりしました(3人掛け)

かなり擦れがひどく座面は特に革のもともとの色が出てしまっています。
しかし、革に切れは無く厚い革のため十分に施工可能です。

塗装なので、耐久性を心配される方が多いのですが、柔軟性を持った強い塗料のため、同じように擦れてしまうのは「同様の使用状態であれば同様の時間」というのが基本です。
サンプルも展示していますので、手で触りながらご質問いただければ幸いです。