修理が大変な例


こちらはPRADAの二つ折り財布です。ホックの交換をご依頼いただきましたが。
金色に見えるホックのバネが取れています。バネ部のホックを交換すると反対側の凸部も交換が必要です。
反対側は折り止めの中に入っています。


外から見ると革も糸も切れているのが判ります。
糸をほどき、内側に革を追加して縫えるように加工しました。


そして、閉じた後に全体を縫って、さらに塗装をして完了しています。
この修理方法は、お客様とお話させていただいて決めています。
安価な方法としては折り止めにホックの反対側が見える手法があります。
お客様はオリジナルと同様の、見えない修理方法を選択されました。
修理時間が多くなるため、価格的には高くなります。

なぜこのような加工が必要なのか?それは画像をご覧いただければお分かりかと思います。
PRADAのホックと、日本で流通しているホックの寸法が異なるため、反対側も交換する必要がありました。

Follow me!