GUCCI長財布の補修です

お持ちいただいたGUCCIの長財布です。
全体に傷みが激しく、お客様のご要望は多岐に渡っていました。できることは全てお受けすることになりました。
長財布を開いた状態にすると傷みがお判りいただけると思います。
今回、内側の傷みは少ないので補修は行いませんので画像もありません。
お客様が一番気にされていた二つ折りの部分です。
糸も無くなっており、革も無くなってしまっています。
もう一方の二つ折り部も同様です。
メーカーではここまで傷んでいると、まず補修は受けてくれません。
若干、革目は異なるものの、厚さや柔軟さを考慮して無くなった革の代わりを、元々の寸法に合わせて加工していきます。
補修後はこんな感じに仕上がりました。柔軟パテによる段差の修正。塗装後に縫製を行っています。当然エッジの補修も行っています。
補修後もここには一番チカラがかかるはずです。しかし、一番最初に入れている革のおかげで、擦れが発生しても表面の塗料そしてパテが先に擦れて行きますので耐久性にも考慮した補修です。
表面の全塗装もしていますので、上の画像と比較いただければ違いをお判りいただけます。
四隅も糸が無くなっており、お客様が気にされていた部分です。
塗装前にキチット縫製して、エッジ塗料の強さも加わり耐久性が向上しています。
擦れや傷みも改善しているのがお判りいただけると思います。
全体の仕上がり具合です。
お帰りになるお客様から「ありがとうございます。」というお言葉をいただきました。
お客様の一言は私にとって至福の時間です。、この喜びは何物にも代えられません。

Follow me!