ルイヴィトンの財布の修理です

お持ちいただいたルイヴィトンの財布。以前に色変えをさせていただきました。

今回は側面部分が切れています。上部(写真では左上)の糸が辛うじて残っていますが、小銭を入れると切れが大きいためにドンドンお金が出てきてしまうとの事。

側面は、薄い革を二枚張り合わせた作りだったので、二枚の革を慎重に剥がしてその間に薄い革を追加しました。この修理の方法を選択したのは、最もオリジナルの見栄えを損なうことが無かったからです。

側面は少し厚くなりますが、違和感はありません。当然、側面の色補修も行っています。上部の革はカットして縫いもキチッと行って完了です。

完了後はこんな感じです。BeforeとAfterの違いはここにも少し。残ったエッジ塗料で表面のエッジを少しだけ補修しました。こちらはサービスで行いましたのでお客様は切れた部分の修理がキチッとできているのを確認されてお持ち帰りいただきました。

Follow me!