ブランド財布の「二個一」施工のご依頼

ルイヴィトンの長財布2つをお持ちいただきました。
上部の内側を下部の財布に移植して欲しい。というご依頼です。

同ブランドなので、簡単に出来るだろうと思われているかもしれませんが、素材によって微妙に寸法が異なる場合があります。
上部の表面はルイヴィトンで良く使われている合成皮革。
下部の財布の表面はデニム素材でした。

上部の財布の内側は比較的傷みも少なく、お客様が言われるように問題なく使えそうです。

デニム素材の財布の内側はかなり傷みが激しく、お客様のご依頼内容が確認できました。
財布の高さは問題なく交換できそうです。ただし、幅については微妙に寸法が異なるように見えました。
しかし、1mmはズレていないようでしたので、ご依頼をお受けすることにしました。

現在使われているファスナー(チャック)はアンティークゴールドでした。把手の傷みも激しく、こちらは廃棄することになります。

交換する方の把手は光沢のあるシルバーでしたので、ファスナー(チャック)はYKK製の新しい物に交換することになりました。

上部の財布を分解し、内側を取り出し、取り出した内側には新しいファスナー(チャック)を取り付ける必要がありますので、ファスナー(チャック)も取り外す加工が必要です。
こちらの写真は内側を取り換えた後の2つの財布です。

デニム素材の内側が交換した物になりました。(撮影した画角が悪く、写真では判断できませんが…。)

こちらの画像では、左右にデニム素材をご確認いただけます。ファスナー(チャック)が光沢シルバーに変わっており、スライダーはYKK製の後から把手を取り付けられるスライダーに変わっています。
把手にはLOUIS VUITTONの刻印もご覧いただけますので、交換したのがお判りいただけます。

施工が完了したデニム素材の財布です。縫製は元々糸が通っていたところを、トレースするように縫製していますので、画像を拡大いただいても違和感は確認できないと思います。

把手を含めた全体の画像です。元々はアンティーク調の把手だった物がシルバーに変わっていることがお判りいただけます。
寸法が1mm以上異なるとこのような施工は出来ません。(お受けしません。)
お客様には、ご要望の二個一の施工がしっかりと出来ているのをご確認いただき、大変喜んでお持ち帰りいただきました。

Follow me!