クロコダイル手提げ鞄の色褪せ補修です

クロコダイルの手提げ鞄をお持ちいただきました。義母様が大切にされていた一品だそうです。出来る限り使い続けたいということでお持ちになりました。

全体に溝の部分が白茶けており、持ち歩くにはカッコ悪いとの事。しかし、塗装するとなると表面にも溝部分にも塗料が入ってしまいますので、あまり濃い色は使えません。

側面は表面や背面以上に白茶けているのがお判りいただけます。

反対側の側面も同様の状態です。
どのように仕上げるかを、いくつかの破革でテストして色や塗料の濃度の調整を繰り返し行いました。

特に色褪せが目立つのは把手の部分です。ここがうまくできなければ台無しになってしまいます。

溝には淡い色が入り、白茶けたイメージは払しょくできました。その他の表面部分は微妙に濃淡を残すことが出来ました。

側面も同様に綺麗に仕上がったと思います。

表面の凸部分は微妙な濃淡があり、立体感が出せました。

Before/Afterを比較いただくと一番判りやすいと思います。

お客様には大変ご満足いただけました。「この鞄が一番気になっていたのよ。」と言っていただき、鞄の思い出をお話いただきました。
今回の仕上がりは個人的にも非常に満足のいく仕上がりでした。丁寧に保管されていた義母様のお手入れと、弊社の技術が非常にうまくマッチングできた一品になりました。

Follow me!