キーホルダー飾りの修理です

キーホルダー飾りの修理をご依頼いただきました。革細工としては大変手の込んだ物ですが、どのように修理かるかが問題です。

リングが外れた理由は単純に『革切れ』です。糸も切れているのがご覧いただけます。

革と革の間に何かを挟み込むことも考えましたが一枚革のためその方法は使えません。
金属線や釣り糸も検討しましたが、抜け防止を考えると具体的ではありません。

革の幅は5mmありましたので、最終的に革裏に合成皮革を接着することにしました。
その後、縫製することで糸の力も加わります。金属リングを支える力は合成皮革の力に頼る状態を作れます。
合成皮革のサイドは塗料を入れて目立たなくしてあります。写真にはその箇所が写っていますが違和感を感じられるでしょうか?

表面革はオリジナルの革が表に出ていますので違和感はありません。縫製は手による縫製を行っています。表面革に元々開いていた穴を使って、弱い部分には糸を入れないようにするため、糸は若干蛇行しています。

使用した合成皮革は写真に写っている物です。ただ、切る方向を考えて引っ張りに強い方向を使用し、接着にもオリジナルの革と強く接着させることに留意しています。
他店では出来なかったようで、お客様にも喜んでいただけたようです。評価はグーグルのクチコミで書き込みいただきました。
今回、まずはお客様にお持ちいただき、完了後はレターパックプラスで送らせていただきました。

Follow me!